土鍋でご飯最初
土鍋でふっくらご飯を炊いてみよう!
 

土鍋の基礎知識!

●土鍋の形は大きく分けて二つ!【浅鍋】と【炊飯用土鍋】

結論から言うとどちらでもお米は炊けます。
浅鍋はお肉を焼いたりもできますが吹きこぼれやすいです。
吹きこぼれが心配の方は炊飯用土鍋を買っておくと安心です。
 

●土鍋を料理に使う前にすること

絶対ではありませんが、水を八分ほど入れ、そこに小麦粉を大さじ二杯分
溶かします。弱火で15分ほど沸騰させ、火を止めて半日ほど放置します。
中身を捨て、軽く水洗いすれば完了です。
こうすることで土鍋の極細かい隙間が埋められひび割れにも強くなります。
使用中にヒビが入ってしまった場合の対処法も同様になります。
 

●土鍋の底が濡れた状態で火にかけない

土鍋の底(外側)が濡れた状態で火にかけるとひび割れの原因になります。
必ず乾いたふきん等で水分を取ってから火にかけます。
 

●土鍋が熱い状態で急に冷やさない

土鍋がまだ熱い状態で水などで急に冷やすと最悪割れてしまいます。
自然に冷えるのを待ちます。
 

●土鍋にいつまでも料理を入れておかない

土鍋は性質上、水分やニオイを吸収しやすいため、食べ終わったらすぐに洗い
乾燥させます
 

●もし土鍋にヒビが入ってしまったら・・

買って初めにする方法と同じです。
土鍋に水を八分ほど入れ、大さじ2杯分の小麦粉を溶かします。
弱火にかけ、15分ほど沸騰させます。
火を止めたらそのまま半日ほど放置しておきます。
中身を捨て、水洗いすれば完了です。
 

●土鍋は少ない洗剤で手早く洗う

土鍋にとって長時間濡れている状況は好ましくないので、なるべく手早く洗い
すぐに水分を取るようにします。
 

お米を土鍋で炊く!


●洗ったお米を別の容器に移し30分以上水につけておく
しっかりと水を含ませ、芯まで火を通しやすいようにします。
 
●水をしっかりと吸わせたらザル等で水気を切ります。
 
●米を土鍋に移し水を加える
水の目安は2合に対して400〜450mlです。
ただし土鍋は水を吸うので少なければ調節してください
 
●土鍋を火にかける
土鍋
中火よりもやや強めの火加減にします
 
●沸騰したら弱火にし、7分間加熱する
土鍋沸騰
沸騰の目安は「パチパチ】という音と蓋のふちから噴き出す泡です。
最初のうちは蓋を開けて確認してもOKです。

●7分たったら火を止め蒸らす
蓋をしたまま20分蒸らします。
濡れた布で蓋の隙間を塞ぐとよりふっくら仕上がります。
 
●蓋を開けて完成
土鍋完成
しゃもじでご飯を十字に切り、天地返しをして完成です!

ページトップへ