仕事が終わって自宅で晩酌するのは社会人の至福の時・・。
夏はキンキンに冷えたビールに枝豆!冬はおでんに熱燗なんてのもオツなものです。

そんなお酒を最大限お楽しみいただける酒器たちをご紹介します!



Q.キンキンに冷えたビールにおすすめの酒器は?


A.銅製もしくは二重構造のタンブラーがおすすめです!
ガラスジョッキではどうしても時間が経つにつれ、温度変化や水滴が付着してしまいます。

その点、二重構造のタンブラーは水滴が付着する事もなく、長時間冷たい状態を保持してくれます。
また銅には雑味を消してくれる性質があるので更にビールを美味しくしてくれます。

 

Q.日本酒におすすめの酒器は?

日本酒の為の酒器はたくさんあります。
玄粋では主にガラス製、木製、錫(すず)を取り扱っています。

●ガラス製
冷酒におすすめです。
氷を直接入れると日本酒が薄まってしまうので、通常徳利ごと氷で冷やしますが、玄粋で扱っている徳利には氷を入れるポケット付きのものがあり、お洒落に日本酒が楽しめます。


●木製
木は熱伝導率が低いため、日本酒の温度を保ってくれます。
また滑らかな木肌は優しく自然のぬくもりがあり、ほのかに香る木の香りが日本酒をさらに楽しませてくれます。
玄粋では檜製の酒器セットを取り扱っています。


●錫製
錫はイオン効果が高く、水を浄化し飲み物をまろやかにするといわれています。
古くから「錫の器に入れた水は腐らない」や「お酒の雑味が抜けて美味しくなる」と言われ 酒器や茶器などに使われてきました。
また熱伝導率が高いので、冷蔵庫に少し入れておくだけでキンキンに冷えます。


この他にも多数の酒器を取り扱っています。
酒器コーナーはこちら

ちなみに・・
日本酒の甘口・辛口とは?
辛口・甘口の定義とは
甘口→度数低め、糖分が低め
辛口→度数高め、糖分が高め
ということのようです。
辛口のほうが一般的に飲みやすいとされていますが
是非ともその方に合った日本酒を選んであげてください。

ちなみに一合=180mlです。

ページトップへ